医療費の負担が幾分気になるから体調管理をする

体調を崩して病院へ、内科では血液検査も行ってくれました。
病院を受診すれば、初診料が発生します。
診察では、風邪だと思っていても、念のために血液検査が行われ、採血料も発生します。
採血した血液を検査しますが、検査料として抹消血液検査や生化学的検査10項目があり、再び診察室に呼ばれ、医師から伝えられたのは風邪でした。
この時には、診断料が発生し、3日分の処方箋料も発生しています。
ちょっとした受診でも、意外と医療費が嵩むことが分かります。
その際、体調をくずしたのが出先で、保険証を持ち合わせておらず、後で保険証を持参し、3割負担で支払いましたが、自己負担が7千円以上であったため、うかうか病気になれない、健康管理も大事だと感じました。
以前、腹部に激痛を感じ、紹介された病院でCT検査を受けた際には、かかりつけ医で診察し、紹介された病院では初診となるため初診料が取られ、検査では撮影やコンピュータ断層診断やらで2万円ほどの医療費が発生、優良医療機関を紹介してくれるのは有り難いですが、紹介には意外に費用がかかります。
異常がない、けれど負担金も気になり、健康管理には十分配慮しています。