医療に関する情報サイトが活用できる

今、病院を評価するランキング本やサイト、個人ブログなどがありますが、信頼性に疑問を持つ人もいるようです。
権威ある第三機関がチェックしたわけでもなく、独断で選んでいる可能性から抱かれる感情です。
今、病院機能の評価事業が開始され、実施主体となるのは医療機能評価機構です。
認定された病院数も2千以上で、この情報サイトのメリットは、病院機能評価を受審、合格した病院の評価結果を閲覧できる点でしょう。
また、保険会社が医療費を情報としてサイトに掲載していますが、実際にどれくらいかかるのか、調べる方法はありませんでした。
今、医療機関のスタッフが、インフォームドコンセントに利用するために開設したサイトが話題を集めています。
例えば、治療費の目安も曖昧ながんの場合、これも、部位や種類別、ステージ別に治療費の目安を掲載しています。
また、放射線治療や免疫細胞療法など、個別に詳しい解説が紹介されたページもあります。
自己負担の具体例から、標準的な治療について、さらに、公的保険が利用できるものの、高額な治療費がそこに発生してしまうのではないのか、詳しく知りたい医療情報が収集できます。